免疫細胞「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」の働きについて

免疫力を高めるには、毎日の生活習慣を正すことも大切ですが、食事のバランスでも免疫力を高めることが出来ます。
その時に必要なのは、免疫力を高める為には何を食べれば良いのか?どんな成分が良いのか?を知らなくてはいけませ
ん。
しかし、ただ必要な成分とその食品を知っても、栄養バランスが整っていなければ上手に吸収されない場合もあります。
何を食べれば免疫力を高める成分を上手に摂取できるのかを調べてみましょう。

免疫力を高める為には、質の良いたんぱく質やアミノ酸をしっかりと補うことが大切なんだそうです。
アミノ酸は、リンパ球などの免疫力を高めるためには必要な成分です。
質の良いたんぱく質は、消化が良いか悪いかが重要です。
何故なら、消化の悪いたんぱく質は、腸の中で腐敗してしまうと逆に免疫力の低下を招くからです。

人の身体に相性のよいたんぱく質は、穀物と豆を同時に取ることだそうです。
大豆加工食品などはお薦めのたんぱく質食品です。

その他にも、椎茸やしめじ、なめこ、えのき茸やエリンギなどのキノコ類の摂取も、免疫力を高める食品として有名で
すね。
キノコは安価で手に入り易いので、手軽に免疫力を高めることの出来る食品です。
そして、海藻も免疫力を高める食品として注目されています。

「まごわやさしい」と言う食事の考え方を知っていますか?
「ま」は豆、「ご」はゴマ、「わ」はワカメ等の海藻類、「や」野菜、「さ」は魚、「し」は椎茸などのキノコ類、「
い」はイモ類です。
これらの食品をバランスよく摂取するように心がけると、自然と免疫力が高かまるのです。